お中元にはカニ!ギフト贈答で”カニ”が選ばれる理由

お中元の定番アイテムの一つがカニです。ギフト贈答にカニが選ばれるのにはしっかりと理由があります。ギフトで重視されるのは外れの少なさです。カニは高級品として知られているため、相手に失礼のないギフトとして選ばれやすいのです。

カニはギフト贈答の定番になっている

カニはギフト贈答の定番になっており、お中元に選ばれることが多くなっています。選ばれる理由の一つが高級品であることです。カニはどの種類も高級品で、気持ちをこめているのがわかりやすいのです。

目上の人に送っても失礼がなく、身内などに送っても喜ばれます。外れが少なく、子供も含めて家族で楽しめるのが魅力です。すぐに消費できる場合が多く、結果的に場所をとらないことが多いのもポイントになります。

お中元を受け取る家庭によっては、ギフトが集中してしまうことがあります。お酒やサラダ油、タオルなども定番ですが、消費するまでに時間がかかってしまうことがあります。その間スペースをとり続け、邪魔になってしまうことがあるのです。

カニであればすぐに食べられます。たとえ他の人の贈答品とかぶっても、近所におすそ分けをする、冷凍にするといった選択肢が残りやすいのも魅力です。本人たちで消費できるとは限らないため、他の人にあげることを視野に入れた方が良いこともあるのです。

家族の人数を目安にして大きさや種類の調整も可能なため、加減をしやすいのも魅力になっています。

お中元で喜ばれるカニの贈り方は

お中元でカニを贈る際には注意が必要です。特に相手の予定を把握することは大切で、不在時に届かないように気を配る必要があるからです。家庭によっては長期間家を留守にすることが珍しくない時期のため、事前に確認をした方が良い場合が多いのです。

生のカニを贈るのも危険です。相手がカニ好きであれば問題はありませんが、人によってはさばくことができない場合もあるからです。カニをゆでる鍋がないなど調理に問題が生じる場合もあります。

冷凍のカニを贈るにしても冷凍庫のスペースがあるかどうかが問題になります。こちらも事前に連絡しなければ場所の確保が難しい場合があるからです。カニを贈る場合は事前に打診をした方がよく、サプライズを狙わない方がプラスになります。

解凍方法に気を使うカニもあります。常温で解凍するとドリップがでて味が落ちたり、ミソが流れてしまうことがあるからです。取扱説明書を読まない人もいるため、事前に解凍方法を伝えるなど工夫した方が良いケースもあります。

最初から剥き身のカニを贈るなど、扱いに気を使わないカニを選んだ方が良いケースもあるのです。

カニを選ぶと気遣いがわかりやすくなる部分も

カニは喜ばれやすい贈答品ですが、贈るのに神経を使う部分があります。一方で、喜んでもらうための姿勢が伝わりやすい部分があるのです。中にはお中元を贈られることよりも、事前の連絡で会話できることが楽しみな人もいます。

お中元やお歳暮はお世話になった人だけでなく、疎遠になりがちな人とコミュニケーションをとるチャンスでもあります。ただ贈っただけでは儀礼的になってしまいます。送る前のコミュニケーションを含めて重要になるのです。

離れて暮らす家族と連絡を取ったり、恩義がある人と近況を伝え合うことも大切です。日ごろの気持ちをこめた贈答品だからこそ、機械的に選ばない方が喜ばれやすいいのです。

新しく付き合いを始めた家族であれば、カニアレルギーなども聞いておくことが大切です。家族構成もチェックしておけばどんなカニを贈ればよいのかもわかりやすくなります。自然にコミュニケーションを深めてくれるのもカニがギフトに選ばれる理由になっています。

Top