お正月にカニを食べるなら、注文時期はいつ?

お正月だから奮発をしてカニを食べたいという人は意外といます。色味的にも相性がよく、めでたい感じがするのもポイントです。ただし、年末年始は業者によって対応に差が出るだけでなく、配送にも限界があるため前倒しで注文することが大切になります。

お正月にカニを食べたい人は多い

お正月にカニを食べたいと思う人は多く、色味的にもめでたいことから注文が殺到する場合があります。業者としても年末年始がかき入れ時であることが多く、カニの入荷量を調整するなど工夫を凝らしている場合が多いからです。

注意したいのは、それでも売り切れなどが発生することがある点です。カニは生もので、冷凍にしたとしても数に限りがあります。気候や漁獲高の影響を受けるため、入荷自体が追いつかなくなるケースもありえます。

規模が小さい業者の場合は、手続きが追いつかなくなる場合もあります。年末の混乱を避けるために早めに受付を締め切る場合があるほどです。品質を担保するために神経を尖らせている業者は多く、方針によって大きな差が出るのです。

そのため、お正月にカニを食べたい場合は早めに注文を行い、手配を済ませておく必要があります。特に年末は業者自体が営業していないケースが多くなるため、クリスマス前に予約するなど早めに行動した方が良いのです。

注文日と発送は別になるケースが多い

注意したいのは、年末年始も通販サイトを営業していて注文を受け付けているケースがあることです。ただし、出荷は三が日を過ぎた後になる場合がほとんどで、到着する頃には正月があけてしまいます。

お正月に届くのは何日受注分までと注意書きがされているケースは多いため、早めにチェックしたいポイントになっています。年末年始は配送業者自体が休みで出荷ができない場合があるからです。年末年始は市場が開いていないため新規の買い付けができず、発送に一週間以上がかかる場合もあります。

注文前に最短の到着日を確認することと、注文時の到着予定日にズレがないか確認することも大切です。なかには期限が明記されていない場合もあるため、電話やメールでなければ確認できないケースがあります。

土日が絡む場合は、更に前倒しで頼む必要があります。最終営業日にあわせて在庫を調整している業者がいるのもポイントです。売り切れをある程度視野に入れて営業している店もあるため、手遅れにならないうちに手配するのが大切です。

どこで購入してどこに届けて貰うのかも大切

お正月にカニを食べたいのであれば、どの地域のお店に頼むかも大切になります。遠い地方のカニを買えば、到着するまでに時間がかかります。着日を前提に手配をすることが一般的になっているため、直前になるほど選択肢が減ります。

カニの本場と言えば北海道ですが、本州でも場所によって到着時間はかわります。九州や沖縄、四国などであればなおさらで、厳密に日時を指定できないケースもあります。前日や前々日に受け取り冷凍しておくなど工夫が必要になる場合もあるのです。

どれだけ保存が利くかを確認し、冷蔵庫や冷凍庫のスペースを確保しておくことも大切です。冷凍のカニを常温で解凍にすると味が逃げてしまう原因にもなります。冷蔵庫でじっくり解凍した方がおいしく食べられるため、解凍時間も織り込んで計算するのがおすすめです。

ある程度解凍した上で、蒸し蟹にするなど工夫をする方法もあります。ただし、年末にはカニが届いていることが前提です。大晦日と正月当日の配送は限られるため、1月2日で妥協するなど、譲歩した上で業者を探した方が良いケースも出てきます。

特に値段と送料が気になる場合は、比較も早めに行った方がプラスになります。注文が遅れるほど、確認の手間が増えていくのです。

Top