ズワイガニの特徴とおいしい食べ方

ズワイガニの特徴は、日本近海でとれるケースが多く、各地でブランド化されていることです。松葉ガニや越前ガニなどはズワイガニのブランドで、特定の条件を満たしたズワイガニをさしています。味自慢のカニでもありミソも楽しめるのが特徴になっています。

日本近海でとれるのがズワイガニの特徴

ズワイガニの特徴の一つが、日本近海でとれる大型のカニであると言うことです。同じく大型のカニであるタラバガニはロシアなど北国で多くとられるため、国産はごくわずかです。ズワイガニも外国産の場合がありますが、各地でブランド化されるなど扱いにも特徴があります。

越前ガニや松葉ガニもズワイガニのブランドの一つです。とれる時期や大きさなどで規格がわかれ、基準を満たしたものだけがブランド名を名乗れます。値段も高価になり、料亭や高級旅館などで利用されることがあります。

脚はハサミを含めて5本1対の10本です。脚の身は細く見えますが、旨みがぎゅっと詰まっていておいしいという人もいます。大ぶりで若干淡白なタラバガニと対照的で、味わいを求めてズワイガニを選ぶ人がいるほどです。

良く似たカニが多く、本来のズワイガニは本ズワイガニと区別されることがあります。オオズワイガニやベニズワイガニは身の大きさや甲羅の色に特徴がある別の種です。どちらも食用にできるため、表記に気をつけた方が良いケースもあります。ブランド名が付くものは本ズワイガニが多くなります。

おいしい食べ方は

ズワイガニはミソの味の良さでも知られています。いきの良いものは刺身でも食べられます。ただし、生を冷凍にしたものは解凍しても刺身にはできないため、過熱するのが基本になります。

一番オーソドックスな食べ方はゆでる方法です。生きたズワイガニを鍋に放り込むと暴れて足が折れてしまったり、鍋が倒れる原因となります。真水に数分間つけて気絶させてから、甲羅が下になるようにしてゆでるのが基本になります。

旨みが逃げてしまうため、脚は切らずにゆでるのが一般的です。また、蒸しカニも贅沢な食べ方で、食感や味の違いを楽しみたい方におすすめです。炭火などで焼く焼きガニも人気の食べ方です。

すでにゆでて冷凍されたカニは解凍してそのまま食べるほか、鍋に入れる方法もあります。殻からも出汁が出るため、鍋にしたあとに雑炊やうどんを入れて楽しむ人もいます。

いきの良いズワイガニのミソは生でも食べられますが、不安がある場合は火を通すのがおすすめです。わかりやすいのは身と一緒にゆでてしまう方法です。ミソをあぶって食べる方法もあります。

甲羅にミソを乗せ、炭火などであぶるとより香ばしくなります。身と和えて食べるほか、甲羅に酒を注いで火を通し、甲羅酒を楽しむ人もいます。味わい方のバリエーションが多いのもズワイガニの特徴です。

冷凍物は解凍方法にも工夫を

ズワイガニの中でも冷凍物は比較的手に入りやすく、値段的にも手ごろなのが魅力です。ただし、解凍方法を間違えると旨みも逃げてしまうため、工夫する必要があります。

注意したいのは室温で解凍する方法です。室温で解凍しようとすると、室温で戻った部分と冷凍されたままの部分の温度差が激しくなります。温度差が激しくなると細胞が壊れやすくなり、旨みの流出が激しくなってしまうのです。

冷蔵庫で18時間ほど時間をかけて解凍すると、ドリップを最小限に抑えることができます。身が大きい場合は少し長めに時間をかけるのがコツです。また、ミソが流れ出さないように、甲羅が裏になるように置くのが大切です。

乾燥を防ぐために新聞紙やキッチンペーパーで包み、水きりバットの上に置けば冷蔵庫の中を汚さずにすみます。ビニール袋に入れるのも方法で、匂い移りの防止になります。解凍のマニュアルが添付されている場合はそちらを参考にする必要があります。

Top