タラバガニの特徴とおいしい食べ方

タラバガニの特徴はなんと言っても大きさです。足を広げた際の大きさが1mに及ぶケースがあるほどで、食べ応えがあるのが特徴です。ボリュームを求める人に最適なカニで、焼いたりゆでたりして食べるのが基本になっています。

タラバガニはヤドカリの仲間になる

タラバガニは非常に大きくする成長するカニとして知られていて、食べ応えがあるのが特徴になっています。グラム単位の値段はカニの中でもトップクラスで、高級なカニをお腹いっぱい食べたい人におすすめです。

カニという名前がついていますが実際はヤドカリの仲間で、脚はハサミも含めて4本が1対の計8本になっています。同じブランドカニとして知られるズワイガニは10本脚のため脚の数も異なっています。

ヤドカリの仲間といっても味が良いのは有名です。高級なカニの代名詞としても知られていて、贈答品にも良く使われます。大振りな分食べやすく、ハサミや包丁ですこし切れ目を入れておくと簡単に剥くことができます。

タラバガニの名前の由来になっているのは、魚のタラです。タラがとれるのは餌が豊富な深海で、タラと一緒にタラバガニがとれることが多かったのです。タラがいる場所にいるからタラバガニと呼ばれるようになり、食用のカニとしても知られるようになったのです。

おいしい食べ方は

タラバガニは基本的にボイルにして食べます。鮮度を落とさないためにゆでてから販売されることも多くなっています。生のカニは鮮度を保つことが難しく、悪くなりやすいためです。

通販などで手にはいるタラバガニはゆでてあるものが基本になります。サイズが大きいため、買ったとしても一般家庭でゆでるのは一苦労になります。ゆでてあるものを解凍して食べた方が食べやすのがポイントです。

生のタラバガニを冷凍にしたものであれば、カニしゃぶも楽しめます。沸騰したお湯にさっとくぐらせて食べる方法で、カニ本来の甘みを堪能できるのが特徴です。炭火などでグリルをする焼きカニも贅沢な食べ方になっています。

ゆでれば出汁が出るため、カニ鍋にするのも方法です。タラバガニはボリュームがあるため、見た目の面でも豪華になります。カニ自体が大きいため、鍋も大き目のものを用意するのがおすすめです。

出汁をとるのが目的であれば、殻ごと入れた方が味わいが深くなるのが特徴です。軽くあぶってから入れれば香ばしさが加わります。様々なアレンジを楽しめるのもタラバガニの魅力の一つです。

調理のバリエーションとミソの扱い

タラバガニはボリュームがあり、そのままでは食べるともったいなく感じる場合もあります。料亭やカニ料理専門店では三杯酢などにつけて味わうこともあります。酢と砂糖とめんつゆがあれば自宅で作ることも可能です。ポン酢に薬味を混ぜて食べるなどアレンジする方法もあります。

贅沢にチャーハンなどに使う場合は火の通しすぎに注意する必要があります。一般的なタラバガニはゆでてあるため、最後に和えるだけで十分です。あまり火を通しすぎると味わいが消えてしまう可能性があります。

姿で購入した場合はミソが食べられるかも気になるポイントです。しかし、タラバガニのミソはあまりおいしくないことが知られています。ミソ自体があまり詰まってないことが多いのも特徴で、味には期待しない方が良いのです。

むしろ足の付け根に詰まっている身の部分を味わった方が良く、タラバガニを味わいつくすポイントになっています。チャーハンや茶碗蒸し、カニご飯にするのであれば、足の付け根の身をほぐして使うのも方法です。

タラバガニの脚は大きく、殻さえ剥けばかぶりつけるのが魅力です。身の場所ごとに食べ方をわけたり、味わい方をかえるのも醍醐味になります。

Top