花咲ガニの特徴とおいしい食べ方

花咲ガニは北海道の根室半島でとれる、ずんぐりとした体と甲羅と脚のとげの多さが特徴のカニです。非常に味が良いことから有名になりましたが、とれる地域か限られるため珍しいカニの一つになっています。

花咲ガニがとれるのは北海道より北の地域

花咲ガニは主に北海道の根室半島でとれます。身体が比較的大きく食べ応えがあり、味も良いことから人気になりました。北海道以外ではロシアなどより北の地域でしかとれなかったため、地元の人が食べる知る人ぞ知るカニだったのです。

味の良さから旅番組などでも特集され、一気に名前が広がりました。北海道旅行の目玉の一つとして取り入れるツアーもあるほどです。とげとげしい見た目と鮮やかな赤い甲羅が特徴的で、一目で花咲ガニとわかるのもポイントです。

花咲ガニの名前の由来は、北海道の花咲港付近でとれるからという説があります。また、ゆでた際に殻が鮮やかな赤色になり、花が咲いたようだからと言う説もあります。ただし、とげが多いため食べる際にはケガをしないように注意する必要があります。

漁の期間は地域によって異なり、春先から秋にかけてです。冬場は冷凍物が中心で、ロシア産のものが多くなります。根室では夏に花咲ガニ漁が解禁されるため、夏の観光グルメに組み込まれることも多くなっています。

おいしい食べ方

花咲ガニはオスかメスかで味わいがかわると言われています。オスは身がおいしく、メスは身の味が劣るかわりに卵の味が良いからです。卵を目的に花咲ガニを購入する人もいるため、選択肢として考えるのも方法です。

花咲ガニのおいしい食べ方として知られるのが鉄砲汁です。花咲ガニの脚をぶつ切りにし、出汁をとって味噌などで味を調えた汁ものです。北海道の郷土料理の一つで、身と出汁を一気に味わえるのが特徴です。

鉄砲汁の名前の由来は、カニを食べる際の姿が鉄砲を掃除する姿に似ているからだとされています。食べ終わった殻のみを煮て出汁をとる方法もあります。殻から出汁をとる場合は一度煮立てた後に一晩寝かせ、食べる際に味噌などを加えるのが基本になります。

鉄砲汁以外では塩ゆでして食べるのが一般的です。冷凍物はすでにゆでたものを冷凍してあるケースが多く、解凍して食べる形になります。とげが非常に硬いためハサミや包丁で切れ目を入れるのが基本で、怪我をしないように注意が必要です。

ミソがおいしいことでも知られているため、スプーンなどですくって食べるのがおすすめになります。また、卵はそのまま食べられる他、しょうゆ漬けにして食べる方法もあります。もちろん、身とミソを絡めて食べるのも贅沢な食べ方です。

花咲ガニは刺身でも食べられるのか

花咲ガニを刺身で食べることは難しく、漁が行われている期間に活ガニを購入する必要があります。また、輸送に対応しているかどうかどうかは業者によってもかわります。特に刺身にできると表記していない場合は火を通すのが基本になります。

刺身にできるものの場合は、ハサミなどを使って殻を外していく必要があります。とげが刺さりやすいため軍手を用意し、新聞紙などを敷いておくのがおすすめです。わさび醤油や二杯酢など、お好みの調味料につけて食べます。

刺身にする場合は身を剥いた後に20秒ほど氷水にさらすと身がしまります。一度刺身にしてからしゃぶしゃぶにする方法もあります。脚が肉厚で大きいため、料理にも使いやすいのです。

塩ゆでや鉄砲汁以外にも鍋などに入れても楽しめます。焼きガニや天ぷらもおすすめです。殻からも出汁がとれるため、余すところなく味わえるのも花咲ガニの魅力です。

また、冷凍品を解凍する際は甲羅を裏にし、腹が上に来るようにする必要があります。これは解凍時にミソが流れてしまうことがあるためです。

Top